The Japan Society of Infrared Science and Technology

第34回定例研究会

第34回定例研究会
― 赤外放射の応用関連学会年会(仮称)―

 

日   時 平成15年2月14日(金) 10:20~ 16:40
場   所 機械振興会館 6階 6-66室
東京都港区芝公園3-5-8
http://www.jspmi.or.jp/kaikan.htm

 

講演   10:20~16:40

10:20~10:50 スペースからの天文観測用赤外線センサーの現状
松原英雄 (文部科学省宇宙科学研究所) [電気学会光応用視覚技術委員会]
10:50~11:20 サーモパイル型赤外線センサ
森田信一、寺島光彦 ((株)アイ・エイチ・アイ) [電気学会フィジカルセンサ技術委員会]
11:20~11:50 強誘電体薄膜を用いた誘電ボロメータ型赤外線センサの開発
村上修一、宮本哲雄、井上幸二、鈴木義彦(大阪府立産技研)
野村哲男、濱川圭弘(立命館大学)野田 実、奥山雅則(大阪大学)
[電気学会フィジカルセンサ技術委員会]
11:50-13:00 昼休み
13:00~13:30 チップ間光配線のための導波路グレーティング対
裏 升吾 (京都工芸繊維大学) [輻射科学研究会]
13:30~14:00 赤外線サーモグラフィの医学応用
石垣武男 (名古屋大学) [日本サーモロジ学会]
14:00~14:30 焦電体を用いた電界放出型赤外線センシングデバイス
高室大介、高尾英邦、澤田和明、石田誠 (豊橋技術科学大学) [映像情報メディア学会]
14:30~15:00 X線サチコンでの放射光血管造影による血管拡張収縮反応の観察
梅谷啓二(高輝度光科学研究センター)
福島和人、鶴崎正勝、山口雅人、杉村和朗 (神戸大学) [映像情報メディア学会]
15:00-15:10 休憩
15:10~15:40 ダイヤモンド薄膜の光素子応用でナノスケール技術を革新する
                               ―ダイヤモンド薄膜の光学分野への応用―
林 和志、橘 武史((株)神戸製鋼所) 鈴木一行(長瀬産業(株))[照明学会]
15:40~16:10 ダイヤモンド薄膜センサーを利用した真空紫外域測定照度計の開発
内田浩二 (岩崎電気(株))[照明学会]
16:10~16:40 ジャイロトロンの高周波化と出力の安定化
出原敏孝,小川 勇,光藤誠太郎(福井大学遠赤外領域開発研究センター) [日本赤外線学会]

共催:映像情報メディア学会、照明学会
協賛:電気学会光応用視覚技術委員会、電気学会フィジカルセンサ技術委員会、
日本サーモロジ学会、輻射科学研究会

平成13~20年度研究会一覧

平成13~20年度研究会一覧

Copyright © 日本赤外線学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.