The Japan Society of Infrared Science and Technology

第13回赤外放射応用関連学会年会プログラム

第13回赤外放射応用関連学会年会プログラム

主催
日本赤外線学会/(一社)照明学会・光放射応用分科会/(一社) 映像情報メディア学会
協賛
(一社)電気学会光応用・視覚技術委員会/(一社)電気学会フィジカルセンサ技術委員会/(公財)輻射科学研究会/(一社)電気学会・社会インフラ用センサシステムセキュリティ特別調査専門委員会

日時:2016年2月2日(火)13:30〜16:50

場所:東京工科大学蒲田キャンパス3号館 10F 階段教室31001
〒144-8535 東京都大田区西蒲田5-23-22

参加費:2,000円

プログラム

13:30~13:35 開会

13:35~14:05 燃焼高温ガス中のCO2放射スペクトルからの熱エネルギーの利用による農業用ハウス加温機の省エネルギー技術の開発について
○岡島 敏、松永典久、松永慎吾、小野夢人
(株)AP ロウマテリアルズ

14:05~14:35 ガラス電極を用いた観葉植物の膜電位測定への試み
○佐々木良輔1、鶴岡 誠2、毛塚 博史2、川口 敏郎3
1東京工科大学 大学院 2東京工科大学 3九州産業大学

14:35~15:05 赤外線の農業分野への応用
~栽培用光源および植物状態診断センサとしての応用研究の紹介~
○鈴木仁、内田哲也、高本尚宜
浜松ホトニクス株式会社 中央研究所

15:05~15:20 休憩

15:20~15:50 原子クラスター標的と高強度レーザーとの相互作用によるテラヘルツ波発生
○森一晃1,2、橋田昌樹1,2、長島健3、井上峻介1,2、阪部周二1,2
1京都大学化学研究所 2京都大学院理 3摂南大学

15:50~16:20 近赤外二光子吸収材料とその応用
○鎌田賢司
国立研究開発法人産業技術総合研究所 無機機能材料研究部門 機能調和材料グループ

16:20~16:50 近赤外分光法と赤外分光法による布地材質の分析
山形暢1、菅野麻奈美2、大谷眞智子1、吉村季織1、○高柳正夫1
1東京農工大学 大学院農学府・農学部・大学院連合農学研究科 2(一財)ニッセンケン品質評価センター

16:50     閉会

平成21~29年度研究会

平成21~29年度研究会

Copyright © 日本赤外線学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.