The Japan Society of Infrared Science and Technology

【第25巻】1号(赤外線センサ技術とそれを取り巻く環境)・2号(赤外線光源 -近赤外線からテラヘルツまで-)

  • HOME »
  • 学会誌 »
  • バックナンバー »
  • 【第25巻】1号(赤外線センサ技術とそれを取り巻く環境)・2号(赤外線光源 -近赤外線からテラヘルツまで-)

◆ 第25巻第2号2016年02月(特集 赤外線光源 -近赤外線からテラヘルツまで-)

  • 巻頭言 
    日本赤外線学会に関する私の印象 (太田仁:神戸大学)
    日本赤外線学会の一般社団法人化に関して (高橋宏典:浜松ホトニクス,立木隆:防衛大学校)
  • 特集
    「赤外線光源」の特集について
    (特集エディター 石田明広:静岡大学)
  • 総説
    ファイバレーザー
    (西澤典彦:名古屋大学)
    量子カスケードレーザ
    (秋草直大,枝村忠孝:浜松ホトニクス)
    テラヘルツ帯量子カスケードレーザ
    (安田浩朗:情報通信研究機構)
    遠赤外/テラヘルツ帯光源ジャイロトロン
    (斉藤輝雄:福井大学)
    Mid-infrared gas spectroscopy with lead chalcogenide vertical external cavity surface emitting lasers
    (Hans Zogg:ETH Zurich,Ferdinand Felder, Matthias Fill:Camlin Technologies)
    近赤外半導体レーザーの最新動向
    (宮本智之:東京工業大学)
  • 論文
    高エネルギー電子ビームによるコヒーレント遷移放射光源とその特性評価
    (奥田修一:大阪府立大学,高橋俊晴:京都大学)
    テラヘルツ帯SIWおよびテストフィクスチャの設計と損失評価法の構築
    (小嶋崇文:国立天文台,鵜澤佳徳:情報通信研究機構)
    Quantitative comparison of the chalcogenide glass GASIR with Germanium and Silicon for use in LWIR sensor lens design
    (Jan VERPLANCKE, Norbert SCHUSTER, John FRANKS:Umicore Electro-Optic Materials)
    放送型赤外線データ通信と携帯端末向けのコンテンツ伝送システムの開発
    (蔡大維:岩手県立大学)
    巨大熱電能を持つSi-Ge-Au薄膜の膜内ナノ結晶の生成条件
    (岡本庸一,田結荘健,芳賀陽介,宮崎尚,守本純:防衛大学校)
  • 研究会報告
    第72回定例研究会(企画担当:入澤明典,玉川恭久)
    日本赤外線学会第25回研究発表会(企画幹事:武田正典,立木隆)
  • 学生会報告
    2015年度日本赤外線学会学生会活動報告(神戸大学 北原遥子)
  • 国際会議報告
    第40回赤外線,ミリ波,テラヘルツ波に関する国際会議 IRMMW-THz 2015(報告者:斉藤輝雄,南出泰亜,山口裕資,縄田耕二,Zhengli Han,栗原一嘉,山下将嗣,Stefan Funkner)
    国際シンポジウム「テラヘルツテクノロジーの最前線2015」開催報告(報告者:廣本宣久)
  • 会告
    会告-1 会合一覧
    会告-2 会員異動(2015年06月~2015年11月)
    会告-3 日本赤外線学会会則
    会告-4 日本赤外線学会第101回理事会報告,臨時理事会報告
    会告-5 日本赤外線学会誌 投稿規定
    会告-6 賛助会員名簿
    平成27年度日本赤外線学会役員
    編集後記
    次号予定
  • 広告目次
    1 株式会社 アイ・アール・システム 広告(表紙4裏表紙)

◆ 第25巻第1号2015年08月(特集 赤外線センサ技術とそれを取り巻く環境)

  • 挨拶 新会長挨拶 (廣本宣久:静岡大学)
  • 特集
    「赤外線センサ技術とそれを取り巻く環境」の編集にあたって
    (編集委員会,土志田実:防衛省,鈴木康志:島津製作所)
  • 総説
    量子型赤外線センサ技術の現状と動向
    (中里英明:富士通システム統合研究所)
    熱型赤外線センサ技術の現状と動向
    (大中道崇浩:三菱電機)
    赤外線光学系技術の現状と動向
    (内田茂樹:トプコン)
    米国における近年の冷却型赤外線センサ開発動向
    (西野弘師:富士通研究所)
    米国の熱型非冷却赤外線センサ技術
    (小田直樹:日本電気)
    MOVPE growth of CMT enables next generation active and passive infrared imaging in the United Kingdom
    (Ken McEwan, Phil Soan: Defence Science and Technology Laboratory, Peter Knowles, Kennedy McEwen, Luke Pillans, Peter Thome and Ian Baker: Selex ES Ltd)
    フランスの赤外線センサ技術
    (門井広生:クロニクス)
    Current Situation of IR Sensor Technical Basis in Germany
    (Martin WALTHER, Robert REHM, Tim STADELMANN, Volker DAUMER: Fraunhofer Institute for Applied Solid State Physics, Detlef EICH, Stefan HANNA, Heinrich FIGGEMEIER: AIM Infrarot-Module GmbH)
    イスラエルの赤外線センサ技術
    (山﨑博之:アイ・アール・システム)
    我が国の防衛分野における赤外線センサ技術
    (木部道也,土志田実:防衛省)
    赤外線センサに使用される光学材料の現状
    (安田傑:ユミコアジャパン)
    我が国における安全保障上の輸出管理制度の概要について
    (岩井正太郎:経済産業省)
    非冷却遠赤外線イメージング市場およびセンサ動向
    (高澤里美:テクノ・システム・リサーチ)
  • 論文
    テラヘルツ帯狭帯域検出器を使用した相対論的電子ビームのバンチ長計測
    (清紀弘,小川博嗣,早川建*,田中俊成*,早川恭史*,中尾圭佐*,境武志*:産業技術総合研究所,*日本大学)
  • 研究会報告
    第70回定例研究会(第12回赤外放射応用関連学会年会)(企画委員:和田潔)
    第71回定例研究会(企画委員長:斉藤輝雄,企画幹事:浅川誠)
  • 表彰
    第1回学会誌論文賞表彰報告(表彰幹事:福地哲生)
    第2回研究奨励賞表彰報告(表彰幹事:佐々木得人)
    研究奨励賞受賞論文紹介
    「TypeII超格子赤外線検出器および非冷却赤外検出器の地球観測への応用」
    (片山晴善:宇宙航空研究開発機構)
    「非対称反射光学系の先駆的設計手法の開発と広角化への適用」
    (中野貴敬:三菱電機)
  • 会告
    会告-1 会合一覧
    会告-2 会員異動(2014年12月~2015年05月)
    会告-3 日本赤外線学会会則
    会告-4 日本赤外線学会第98~100回理事会報告,第25回総会報告
    会告-5 日本赤外線学会誌 投稿規定
    会告-6 賛助会員名簿
    平成27年度日本赤外線学会役員
    編集後記
    次号予定
  • 広告目次
    1 株式会社 アイ・アール・システム 広告(表紙4裏表紙)

学会誌

学会誌

Copyright © 日本赤外線学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.