The Japan Society of Infrared Science and Technology

【第17巻】1号・2号(テラヘルツ波の発生)

◆第17巻第2号2008年9月(特集 テラヘルツ波の発生)

  • 巻頭言
    今こそ,自信をもって日本赤外線学会の存在感を  
  • 特集 テラヘルツ波の発生
    テラヘルツ波光源の開発とテラヘルツ技術の新展開 (出原敏孝:福井大学)
    フォノンを使ったテラヘルツ波発生と分子科学への応用 (須藤建:半導体研究振興会)
    テラヘルツ波自由電子レーザー (綱脇惠章*,浅川誠**:*大阪産業大学,**関西大学)
    テラヘルツジャイロトロンの開発 (出原敏孝:福井大学)
  • 原著論文
    ミリ波領域におけるカンチレバーを用いた高分解能電子スピン共鳴法の開発 (大道英二,水野議覚,木股基,太田仁:神戸大学)
    ・マイクロ波励起による固有ジョセフソン接合を用いたテラヘルツ波発生の検討 (立木隆,内田貴司:防衛大学校)
    ・膜構造建築の生活空間の熱放射環境に関する実測調査と予測評価 (梅干野晃*,何江*,中大窪千晶*,矢ケ部信吾*,小川俊輔*,嚴泰潤**:*東京工業大学,**ハニル機械電気コンサルタント)
  • 赤外線Q&A (鈴木康志,重中圭太郎)
  • 研究室訪問
    スポーツホトニクス研究所 (編集委員会) 
  • 国際会議報告 (木股雅章)
  • 研究会報告
    日本赤外線学会第50回定例研究会  
◆第17巻第1号2008年3月
  • 巻頭言
    日本赤外線学会への期待 (松田耕一郎:堀場製作所・日本赤外線学会理事) 
  • 最近の展望
    太陽系外惑星の赤外線観測 (芝井広*,深川美里*,松尾太郎*,田村元秀**:*名古屋大学,**国立天文台) 
  • 原著論文
    ・近赤外超短光パルスのパルス幅推定における自己相関波形の形状関数の影響 (藤田潤一,和田健司,松山哲也,堀中博道:大阪府立大学)
    ・光パラメトリック増幅された近赤外フェムト秒レーザーによるポリシラン薄膜の形成 (大越昌幸,ケン ケチャラッ,井上成美:防衛大学校)
    ・マイクロ波加熱による熱放射スペクトルを基にしたサーモグラフィの開発 (松原章浩*,高山定次**,岡島茂樹*,居田克巳**,佐藤元泰**:*中部大学,**核融合科学研究所)
    ・燃焼プラズマ実験のための遠赤外レーザー計測法の開発 (川端一男*,秋山毅志*,田中謙治*,岡島茂樹**,中山和也**:*核融合科学研究所,**中部大学)
    ・Design of Teraherz Cherenkov Free-Electron Laser and Development of the Electron Beam (Makoto R. Asakawa*, Nozomu Miyabe*, Akira Ikeda**, Mitsuhiko Kusaba** and Yoshiaki Tsunawaki** : *Kansai University, **Osaka Sangyo University)
    ・金属メッシュ構造を用いたテラヘルツ波によるテフロンフィルム膜厚の2次元検出 (加藤英志*,**,吉田茂樹**,水津光司**,川瀬晃道**,***:*アドバンテスト研究所,**名古屋大学,***理化学研究所)
    ・Development of a Solenoid Induced Helical Wiggler for a Free Electron Maser(Yoshiaki Tsunawaki*, Nobuhisa Ohigashi**, Mkoto Asakawa**, Mitsuhiko Kusaba*, Kazuo Imasaki*** and Hiroshi Horiike**** : *Osaka Sangyo University, **Kansai University, ***Institute for Laser Technology, ****Osaka University)
  • 最近の研究動向
    ドレスデン-ローゼンドルフ研究所における自由電子レーザー利用の現状 (太田仁:神戸大学) 
  • 研究室訪問
    東芝科学館 (編集委員会) 
  • 研究会報告
    日本赤外線学会第48回定例研究会
    日本赤外線学会第17回研究発表会 

学会誌

学会誌

Copyright © 日本赤外線学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.